活性酸素と酵素

活性酸素とは

活性酸素とは、酵素が温度や性質が変わる為の条件などが揃った時に活性酸素になります。簡単にいえば、活性酸素の元は酵素だといえるでしょう。

私たちが生きていく為には、酵素の働きは欠かせません。食べ物を消化や吸収、エネルギーに変える働きなども酵素の働きによるものです。その他にも、酵素は様々な働きを行ってくれていて、数千種類もの酵素が存在するといわれています。



酵素は人間にとってなくてはならないものなので、体内で活性酸素が発生するのも当たり前のことになるのです。活性酸素とは、細菌やウイルスから体を守ってくれる働きをする物質のことです。

しかし、この活性酸素は非常に力が強く増えすぎると体に悪影響を与えてしまいます。活性酸素が増える原因は、日常生活の中でいろいろな場面で存在しています。たばこや電磁波なども活性酸素を増やす原因のひとつです。

その他には、紫外線や排気ガスや加工食品なども原因といわれています。環境破壊が進む現代において、紫外線の増加は深刻な問題になっています。

また、インターネットの普及に伴い、スマートフォンやタブレットなど当たり前のように持っている人がほとんどです。電磁波は、至る所に飛び交っています。このようなものは、自分の力で防ぎにくいものです。

そこで、増え続ける活性酸素に闘ってくれるのが抗酸化物質です。抗酸化物質とは、体内に存在する酵素で抗酸化酵素とも呼ばれています。

抗酸化酵素は、活性酸素を無害なものに変える働きをしてくれます。体内の抗酸化酵素を増やすことで、飛び交う活性酸素の原因に打ち勝ちたいですね。

酵素は万能サプリではありません

酵素ドリンクなどを飲んでさえいれば、大体、どのような食事でも我慢せず食べいいと思っている人が多くいるようです。
しかし、酵素は万能サプリではありませんので、脂を多く含む食べ物ばかり食べたり、多く食べつづけていては、酵素でも失敗することになります。



やっぱり適度に、体にいいものを取り入れながら酵素を体に取り入れることが最もです。もし、酵素が胃酸により死滅してしまうのだとしたら、ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)効果は期待出来ることはありません。確かに、ph5から7でしか活動不可能な酵素もあります。


それでも、だからといって、分解されてしまうことで、無意味いうわけではないのです。
酵素中には強い酸性でも生きられる酵素、酵母がいっぱいありますし、一旦胃の中で活動を辞めても、また腸で活動を初める酵素もあるのです。今日、よく目撃する酵素を食事から摂取する痩身術ですが、酵素入りのドリンクや酵素入りのサプリといった商品の材料としてどんなものが使用されているか分からず、懸念がありました。原材料に残留している農薬や危険性の高い添加物は、どんなことがあろうとも絶対に体に入れたくありません。
しかし、成分や製法ををしっかり明記した商品なら、不安なく使えます。つい、この間ですが、ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)中のしり合いから、酵素ドリンクを勧められたのです。私自身、酵素ドリンクって飲みにくい先入観があったのですが、その人が飲んでいるものは甘くて飲みやすいとのことです。


飲みやすく、甘いのなら、カロリーがどれほどあるのか、少し心配なので、調べようと思っています。
酵素ドリンクというものは自身で創ることも可能です。季節の果物を使うと飲みやすいしおいしいです。



梨やバナナなどの果物には酵素を豊富に含んでいるので、加熱せずその通りミキサーを使って、ジュースにするだけで簡単に酵素を取り入れることが可能だと考えられます。

私が在籍している会社は20、30代の女性が多い職場なので、ランチ休憩はダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)に関する話で盛り上がる機会も少ないとは決して言えません。
その話題の中で最近、人気となっているのは食事で酵素を摂取するダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)と糖質制限ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)です。しかし、両方共に実行している人は見られないようですね。酵素を摂取するダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)をするとオナカの内部からサッパリして身体の負荷が減少するから、無理なく痩せられると思われます。

酵素ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)と呼ばれる言葉は指しあたってあまり聴きなれない言葉かもしれないですが、酵素の中でも生酵素の評判が次第に高くなっています。

プチ断食の回復食というものは本格的な断食の回復の食事よりも、簡単なもので問題ありません。
しかし、なるべく胃腸の負担の少ない、おかゆや果物を入れたヨーグルトやグリーンスムージーなどのような消化吸収の楽なものにすると無難でしょう。

数多くの量とらないことも必要です。
食材によりきり、消化、吸収を目的として不可欠な酵素の種類はちがいます。

具体例としては、日本人の主食であるお米ですと、米の成分の一部、でんぷんを糖に分解するために、アミラーゼという酵素が不可欠になります。

そして、たんぱく質を分解するにはペプシンという酵素が不可欠です。
年末に食べまくってしまったので、ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)しなくてはと思案中です。なのに、近くのジムに、通う時間はないので、できるだけ簡単なダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)策として、ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)シェイクを夕食替りにするか、酵素ドリンクを摂るか、どちらかをトライしてみようと思っています。