血液と酵素

老廃物や二酸化炭素を運び出す

血液は、血管の中を通って全身に栄養分や酸素を届け、老廃物や二酸化炭素を運び出します。血液の主成分である赤血球がこの働きをしています。血液の流れを血流といいます。

血液の量は、男性なら体重の約8%、女性なら体重の約7%といわれています。血液は、人間や動物など生体をつくるのに欠かせないものです。血液と酵素には密接したつながりがあります。

酵素は私たち人間が生きていく為に欠かせない食べ物を消化することや、汗などをかく新陳代謝など体内で様々な働きをしてくれています。そもそも、血液の誕生にも酵素は関係しているといわれています。

体内には、血が通る管があり、それを血管といいます。血液は、初めこの血管の壁に貼りついた状態だそうです。この血管の壁に張り付いた血液を切り離してくれるのが酵素なのです。

この働きをする体内酵素をADAM8と呼びます。切り落とされた血液は血管の中を流れ、血流が誕生します。血液の流れ、血流は健康のバロメーターにもなります。

赤血球が不足すると、酸素が十分に届けられなくなり貧血などの症状を引き起こします。反対に赤血球の数が増加すると、血管が詰まりやすくなり脳梗塞などの病気を引き起こします。

よくドロドロの血液、サラサラの血液といわれているのは、赤血球の量が関係しているのです。健康な状態というのはいわゆるサラサラの血液をいいます。

ドロドロの血液を改善してくれるのが酵素なのです。酵素には、血液を綺麗にし、解毒効果もあります。このように酵素は、血液と深い関わりがあるのです。



酵素ドリンクを造る時に使用される微生物

酵素はダイエットのドリンクとしてよく知られています。消化の吸収などに関係していて、ダイエットなどでよく使われているようです。

酵母ですが、この酵素ドリンクを造る時に使用される微生物で、酵素を造り出す場合になんとダイエットの障害の糖質を分解してくれるというものです。つまり、発酵分解する力は、酵母が酵素よりも優れていて、さらにダイエットに向くといえるのです。

今どき、まま友達間において、プチ断食(ファスティング)がアトピーにも効果があるらしいと話題にのぼっています。
実際、私のおこちゃまも重度のアトピーなので、悩んでいますが、さすがに育ち盛りの子伴に断食指せるのは無理があるようなので、慎重に検討中です。



私はオナカの周りについた脂肪が気になり、酵素ドリンクを使ってダイエットしてみようと考えています。

体の新陳代謝、老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)排出を促し、デブデブしにくい体質にするという酵素入りドリンクを利用するものです。
1日3食のうちの1食を、酵素ドリンクにするだけで、ダイエットが成功します。
これなら、多忙な私でもでき沿うです。最近、酵素ドリンクダイエットに挑戦中です。


ナカナカ値の張るものなので、せっかく飲むなら一番効果の高い飲み方をしたいですよね。食前の空腹時に飲むのと、満腹時に飲むのを比較してみたら、どちらの方が効果的なのでしょう。いろいろ調べてみましたが、はっきりしませんでした。

なので、とりあえず空腹時に飲んでみる、置き換えダイエットにしてみました。痩せるためには食べないというやり方もいいです。プチ断食を実行する人が、今、増えているのは確実に体重を落とせるからでしょうでも、間違った方法でプチ断食すると頭痛やフラフラしてしまう事もありますので、気を付けなければいけません。事前にちゃんと調べて、正しくプチ断食を行って頂戴。
絶食療養をご存じでしょうか。


英語のファイスティングとは、fastという動詞を名詞にしたものです。

簡単に言うと、断食や絶食を意味します。断食療法をすると、自分自身の免疫力がアップします。絶食療法には各種の効能があり、ニキビなどの肌荒れや便の通じがよくなったり、アレルギー体質の緩和にも効果が期待できます。



効果は体の状態によって異なりますが、花粉症などのアレルギーがひどい方は試してみて頂戴。
断食の継続は、一般の人が勝手にやると逆に身体に損害を与えてしまってダメージがありますがプチ断食ならどなたでも簡単に行なうことができます。
数日程度の断食の良いところは短期間だけ断食するので断食前後に特に気にすることもなく、満足できるデトックス効果が、得られるでしょう。年末年始で食べ過ぎてしまったので、ダイエットしなくてはと心の中で思っています。


しかし、スポーツジムに、通うには時間の余裕がないので、なるべく簡単なダイエットのやりか立として、夕食をダイエットシェイクだけにするか、酵素ドリンクを試すか、どちらかに挑戦してみようと思っています。

プチ断食の回復の食事というのは本当の意味での断食による回復食よりも、簡単なもので大丈夫です。

でも、できるだけ内臓に負担をかけないような、重湯やフルーツを入れたヨーグルト、グリーンスムージーなどのような消化、吸収にいいものだと大丈夫でしょう。沢山の量とらないことも重視するところです。
酵素は自然からの恵みだと頻繁に耳にします。

人の手によって持たらされたビタミンとか、不自然なものが多々ある中で、酵素は添加物の畏れがないため、おこちゃまでも心配無用で体に入れる事が出来るとのことです。
やっぱし、添加物は少ない方が心配無用です。